Maranas Varietyによれば


ラルフ・DLG・トーレス知事は日曜日、先週テニアンの迂回飛行場プロジェクトの起工式に招待されなかったと不満を漏らす「悩める」政治家たちに反論した。

 「写真撮影よりも重要なことがある」とトーレスは語った。

知事候補の無所属アーノルド・I・パラシオス副知事と民主党のビセンテ・カマチョ下院議員は、式典に招待されたのは知事の政治的盟友たちだけだったと指摘している。

 知事側は、「テニアンの人々のための記念すべき成功を祝う代わりに、写真撮影の機会を逃したことに文句を言うことを選んだ」選出議員たちがいると述べた。

「CNMIの政治家たちが、自分たちが選ばれた人々のために働くことよりも、写真撮影や招待を優先させることに、私は驚きを隠せない」とトーレスは述べた。

テニアンでの国防総省プロジェクトの着工式は、CNMIと、とりわけテニアンの人々にとって記念すべきイベントだったと、彼は指摘した。

「その日の私の発言を読んでください。「テニアン島へのこの投資について、多くの人が自分の手柄にしたいと思うでしょうが、私は、協定交渉以来数十年にわたるテニアンの指導者たち、テニアンの現在の指導者たち、連邦港湾局、そして実際にこれを可能にするために仕事をしたCNMIと連邦政府の各省庁の多くの男性や女性たちに謝意を表します。いつもそうであるように、このような成果を実現できるのは、この政府の人々の努力の賜物です」とトーレス氏は述べました。

彼は、CNMI政府の部局や機関は、連邦内の軍事活動に多くの労力を費やしてきたと述べた。

迂回プロジェクトについても同様で、「数え切れないほどの時間を費やして膨大な文書を見直し、意見を述べ、米空軍と協力して迂回プロジェクトを建設段階に移行するのを支援し、CNMIの人々の権利が守られるように多大な努力を払ってきた」と述べた。

彼は、この起工式は、政府職員の長年の努力の成果を祝い、認識することの一部であると述べた。

「この成功に貢献したのは、招待されたメンバーであることを忘れてはならない。公認会計士、内閣府、各省庁、テニアンの指導者、上院、その他の立法府の議員で、国防総省とのパートナーシップを築く上で私の政権の努力に貢献し、支援してくれた人々であり、サバラン代議員(Gregorio Kilili Camacho)などもその一人です。他の政治家たちが、連邦にとって実際に重要な問題に取り組むことになれば、一緒に写真を撮ろうという誘いがあろうとなかろうと、私はその成果を祝うだろう」と知事は述べた。

「彼らはこの日を、自分たちが撮れなかった写真のために作りたいのだ。私はそれでいいと思っている。彼らは、私のリーダーシップを信じられないと言いながら、同時にこの政権の成功のそばにいたいのだ-私はそれでいい。しかし、偽善を見たら呼び捨てにし、大人になりましょう。もっと重要なことがあるはずだ。下院の指導部と副知事がこのことを認識し始めたら、いつでも祝福したい。

「世界がウクライナでの暴力事件を注視し、わが国が自由と民主主義の理想を守るために資源を投入しているときに、CNMIが国防を支援するというこの例を、悩める政治家の記念撮影の場として安売りするのは、残念なことだ」とトーレス氏は述べた。

写真撮影の機会を求めている政治家に対して、知事はこう言った。「前もってお断りしておきますが、私たちはCNMIの人々のために大きな進歩を実現するために必要なハードワークを続けるつもりです」。

さらに、「私は、CNMIが私たちの国の回復力と保護に貢献する機会を求め続けます。そして、これらのことを実現するために必要な実際の仕事の一部となることを求め、この政府の男性や女性のハードワークを卑下することをやめれば、いつでも、この政権、この連邦、それに仕える人々の功績を祝うことに参加することは大歓迎だ。"と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

呼ばれなかったから拗ねちゃった感が否めない発言だよね。
普段なら自分も写真撮るんじゃんww

サイパンのランキングに参加しています
クリック戴けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ サイパン情報へ